ナイスバディに生まれ変わる|美容クリニックで豊胸手術

女の人

豊かなバストにするために

バスト

2種類の方法

美容整形外科での豊胸手術は、大きく分けて2種類の方法でおこなわれています。そしてそれぞれ特徴やメリットが大きく異なっています。まずひとつめは、バストに専用のバッグを挿入し、その中にシリコンジェルや生理食塩水などを注入するという豊胸手術です。これは、バッグの大きさや注入する量を調節しやすい点がメリットです。大きめのバッグを入れてそこに多く注入すれば、一気に2〜3段階ほどバストアップさせることが可能なのです。そしてもうひとつは、患者の脂肪を取り出して乳房に入れるという豊胸手術です。これは、バストを大きくするだけでなく、脂肪を取り出すことで、その部位を細くすることもできるという点がメリットです。つまり、ウエストや太ももを細くしながらバストアップ効果を得るといったことが可能なのです。

注射によるバストアップ

また美容整形外科では、ヒアルロン酸注射によるバストアップもおこなわれています。これは、人間の肌や関節などに存在しているヒアルロン酸という成分を、バストに注入するという施術です。手術とは異なり、体にメスを入れられることはありません。注射器が使われるだけなので、大きな傷が残る心配はないのです。注射針の跡がわずかに残りますが、徐々に消えていきます。また、ヒアルロン酸は液状なので、注入後のバストは自然な柔らかさになります。さらに様々な方向から少しずつ注入していくことで、理想の形のバストにすることもできます。ただし効果が持続する期間は、長くても2〜3年となっているので、半永久的に豊かなバストを維持したい人は、豊胸手術の方を選択することが多いです。