ナイスバディに生まれ変わる|美容クリニックで豊胸手術

女の人

胸を大きくする治療とは

先生

違和感がない治療

胸が小さいという悩みを抱えている人は、豊胸手術の利用を検討してみるとよいです。思春期を迎えるとペタンコだった胸が大きく膨らんでくるのが普通ですが、中にはほとんど胸が大きくならない人もいます。たとえ胸が小さかったとしても、授乳する分には全く支障がありません。しかし、小さな胸がコンプレックスになって、男性との交際に消極的になってしまうことが多いです。でも、豊胸手術を受ければ、そのコンプレックスから解放されることができます。従来は胸にプロテーゼバッグを挿入する豊胸手術を受ける人が多かったのですが、最近では、ヒアルロン酸注入法や脂肪注入法による豊胸手術を受ける人が増えてきています。注入系の豊胸手術の方が見た目や手触りに違和感のない胸にすることができるため、今後は注入系の豊胸手術が主流になっていくのではないかと考えられています。

自然な治療方法

ヒアルロン酸注入法や脂肪注入法による豊胸手術の場合、胸に注入されるのは液体です。皮膚を切開して人工の固形物を挿入するわけではありませんので、作り物的な胸になってしまう心配がありません。しかし、アレルギーリスクがほとんどないとはいえ、ヒアルロン酸が患者の体にとって異物であることは事実です。注入後2〜3年でヒアルロン酸は体内に吸収されてなくなってしまいますが、自分の体の中に異物を入れるのは嫌だという人もいます。そのような人は、脂肪注入法による豊胸手術を受けるようにした方がよいです。脂肪注入法の場合、胸に注入するのは自分の体から採取した脂肪です。もともと自分の体の中にあった物を使って胸を大きくする方法ですので、一番自然に近い方法だということができます。また、注入した脂肪が上手く生着してくれれば半永久的なバストアップ効果を得ることができますので、その点でもおすすめすることができます。