ナイスバディに生まれ変わる|美容クリニックで豊胸手術

女の人

患者自身の脂肪を乳房に

胸

脂肪の量を確認

美容整形外科では、患者自身のお腹などから吸引した脂肪を、乳房に注入するという豊胸手術がおこなわれています。これは、シリコンジェルなどの異物を入れる豊胸手術と異なり、拒絶反応を起こすリスクが低く安全性が高いという点が特徴です。ただし、吸引した脂肪の全てが注入されるわけではありません。脂肪の中には老廃物が混ざっているので、注入する前にまずはそれをしっかりと除去しておく必要があるのです。そうしなければ、注入してもその脂肪が乳房にうまく定着せず、排出されたりしこりになったりすることがあるからです。老廃物を除去することで、吸引した時よりも少ない量が乳房に注入されることになります。つまり乳房に多くの脂肪を注入したい場合には、その分多くの脂肪を吸引しなければならないということです。そのためこの豊胸手術を受ける前には、自分の体にそれだけの量の脂肪があるかどうかを確認することが大事です。

乳房のデザイン

不純物を除去した脂肪は、乳房の色々な部分に注入されます。そしてその場所と注入する量とに工夫することで、乳房を希望する大きさや形にすることができます。たとえば、左右の乳房のそれぞれ内側に多めに注入すると、乳房同士の間隔が狭まります。これにより、いわゆる谷間ができることになるのです。また、乳房の上部に多めに注入すると、その部分が盛り上がることで乳房全体が上方向に引き上げられます。加齢や授乳などにより垂れた状態が、改善されるわけです。もちろん、まんべんなく注入することで、乳房全体を大きくすることも可能です。また、左右の乳房の大きさが異なっている場合、小さい方に多く注入すれば、大きさをそろえることができます。このように、デザインを自在に決めることができる点も、この豊胸手術の特徴のひとつとなっています。